社団法人発明協会和歌山県支部創立60周年を記念して、「発明の祭典 in わかやま」開催

 平成21年11月13日(金曜日)から16日(月曜日)まで、和歌山市において、社団法人発明協会和歌山県支部、和歌山県のほか和歌山大学などの関係機関が一体となって「発明の祭典in わかやま」を開催しました。
 大会初日となった13日(金曜日)は、市内ホテルで「少年少女発明クラブ全国会議」を開催、全国各地から集まった少年少女発明クラブ指導員の方々など関係者約200名の参加の下、クラブ活動にかかる意見交換や研修が行われました。
 メイン会場となった和歌山ビッグホエールでは、14日(土曜日)から15日(日曜日)にかけて、全国の児童生徒の創意工夫作品に触れることで発明の楽しさを体験してもらう「少年少女発明クラブ創作展」を始め、県内の「少年少女発明クラブ工作教室」、県内の小中学生の優秀な工作作品を展示する「私たちのくふう展」、発明を通じた本県産業の歴史を学ぶ「技術の今昔展」、科学のおもしろさ・楽しさを体験する「おもしろ科学まつり」、ものづくりや情報産業の優れた技術を展示する「テクノビジネスフェア・インフォフェア」など約130団体の出展ブースに加え、折り紙ヒコーキ競技大会やロボットショーなどを開催、15日には常陸宮同妃両殿下に会場内を御視察いただくとともに、小・中学生、高校生など約12,000人(2日間の延べ)の方にご来場いただきました。
 また、16日(月曜日)には、市内ホテルで常陸宮同妃両殿下御臨席の下「社団法人発明協会和歌山県支部創立60周年記念式典・平成21年度近畿地方発明表彰式」を開催、島精機製作所の島正博社長ら14名の方に県支部功労者表彰が贈呈されたほか、社団法人発明協会和歌山県支部役員・会員、近畿地方発明表彰受賞者など約400名の方々にご参加いただきました。
 和歌山県では、この「発明の祭典in わかやま」を契機として、科学技術の振興と産業人材の育成に対する取組みを、より一層強化していきたいと思います。

お問い合わせ
和歌山県商工観光労働部企業政策局産業振興課
電話番号 073-441-2760

wakayama2010001.JPG