若者向け北方領土返還テーマソング「みんなのココロ」が完成

 戦後60年以上の歳月が流れ、元島民の高齢化が進む中、北方領土返還要求運動の停滞が危惧されています。
 内閣府が平成20年に行った北方領土に関する世論調査によると、返還運動について「知らない」「聞いたことがない」と答えた人は20代の人で7割を超え、若い世代ほど関心が低いことが伺われます。
 元島民が多く住む根室地域を始め、北方領土を行政区域とする本道としては、このことに危機感を抱いており、次代を担う若者たちへ返還運動を継承することが急務となっています。
 そのような中で、社団法人根室青年会議所では、若者の関心を寄せやすく市民が参加しやすい北方領土問題啓発と後継者育成の方策としてテーマソング製作を思い立ち、昨年8月、同青年会議所を中心に若者七団体がテーマソング製作委員会を立ち上げました。
 全国から返還への想いを込めたメッセージ(歌詞)や楽曲(1コーラス分のメロディーライン)を募集したところ、メロディー12件、歌詞33件が寄せられました。それらをつなぎ合わせて、昨年10月に完成させた曲が「みんなのココロ」です。

 「近そうで遠いあの四島(しま)」で始まる歌詞。サビの部分は「みんなのココロを繋ぎ並べて 灯した思いが海を渡るよ 新しい未来に 橋をかけてみせるよ みんなの幸せを創っていくよ」と歌われています。
 CD収録には公募によって集まった根室市民ら約100名が参加し、参加者からは「思ったよりも歌いやすい」「返還運動の堅いイメージと違う」と好評を得ました。
 楽曲は動画配信サイト等で配信しており、また、著作権フリーですので、根室青年会議所にお問い合わせいただければコピーして配布することも可能です。
 曲に乗せて返還運動への共感が、「みんなのココロ」に広がることを期待しています。

お問い合わせ
一般社団法人根室青年会議所
電話番号 0153-24-7179
一般社団法人根室青年会議所のブログ(「みんなのココロ」配信中)
http://ameblo.jp/nemurojc-b/