地産地消「あきた新名物メニュー」2部門でグランプリ誕生!

 秋田のおいしい食材を生かした新たなメニューを作ろう!と県産食材を使用した「あきた新名物メニューコンテスト」を開催しました。全県から87点の応募があり、最終選考は「食の国あきた」県民フェスティバルにおいて、200名の県民による試食投票と、テレビでおなじみの服部幸應さんなどの専門家による公開審査でにぎやかなコンテストになりました。
 〈あきたどんぶり部門〉は『一度に二度おいしいハタハタ丼』が、〈キッズ大好き部門〉は『たこ芋コロッケ』がグランプリに輝きました。
 『ハタハタ丼』は学生が考案したユニークな丼で、下味をつけた焼きハタハタの身をほぐし、ごはんにのせ白髪ネギと卵黄でいただきます。お好みでハタハタの卵(ブリコ)入りのスープをかけてお茶漬け風にして食べることから、一度に二度おいしいのがこの丼です。

akita201001-1.JPG
(あきたどんぶり部門グランプリ)一度に二度おいしいハタハタ丼

『たこ芋コロッケ』は、野菜嫌いの子どもでも食べたくなるようにコロッケとたこ焼きを合わせたような創作料理です。中味の県産里芋はとろけるような食感でタコとの相性も抜群。仕上げは県産かぼちゃで作るかぼちゃネーズをトッピングします。

akita201001-2.JPG
 (キッズ大好き部門グランプリ)たこ芋コロッケ

入賞メニューは、県内飲食店やご家庭で広く活用していただけるようにするとともに、今後もあきた産のおいしい食材の魅力を県内外に情報発信していきます。

お問い合わせ
農林水産部秋田の食販売推進課
電話番号 018-860-1763
あきた食の国ネットHP
http://www.pref.akita.lg.jp/shoku/