「いわて県民計画」を策定しました

 岩手県では、平成21年度から平成30年度までの10年間を計画期間とする「いわて県民計画」を昨年12月に策定しました。
 この計画は、社会経済情勢が大きく変化する中、県民の皆さんと長期的な岩手の将来像を共有し、その実現に向けて一緒に取り組んでいくための羅針盤として策定したものです。名称は「県民みんなで一緒につくり行動していく」という意味を込め、「いわて県民計画」としました。この計画は、これから目指す岩手の未来の姿や政策の展開方向等を取りまとめた「長期ビジョン」(計画期間:平成21年度~平成30年度)と、「長期ビジョン」やマニフェストを踏まえた具体的な施策を取りまとめた「アクションプラン」(計画期間:平成21年度~平成22年度)で構成されています。
 長期ビジョンでは、グローバル化と人口減少・少子高齢化が進む中、岩手の未来を拓く三つの視点として1.経済的・物質的なゆたかさと、歴史・文化、環境など、岩手ならではのゆたかさが調和した真の「ゆたかさ」を育むこと2.人と人、人と地域など、さまざまな「つながり」を育むこと3.グローカルな視点で考え、地域に根ざして活動できる「ひと」を育むことを示しています。また、基本目標として「いっしょに育(はぐく)む『希望郷いわて』」を掲げ、産業・雇用、医療・子育て・福祉などの「七つの政策」や、海洋産業、ソフトパワーなど政策横断的で先駆性、独自性の高い「六つの構想」などを盛り込んでいます。
 また、アクションプランでは、「希望郷いわて」の実現を目指し、雇用環境、県民所得、地域医療、人口という喫緊の課題の解決や、10年間で三つの視点を育はぐくむための基盤形成に向け、重点的、優先的に取り組む政策などについて具体的に示しています。
 岩手のこころを持つ「ひと」が、多様な「つながり」を持ち、岩手の特性を生かした真の「ゆたかさ」が育はぐくまれる「希望郷いわて」の実現に向け、県民の皆さんと力を合わせて取り組んでいくこととしています。

お問い合わせ
岩手県総合政策部政策推進課
電話番号 019-629-5508