~地球と人にやさしい〝エコとちぎ〞づくりに向けて~「とちぎ環境立県戦略」を策定

 栃木県では、県民との協働により地球温暖化対策の取組みを加速化し、地域から積極的に地球環境の保全に貢献していくため、昨年11月に、「とちぎ環境立県戦略」を策定しました。
 戦略では、おおむね10年後を展望した目指すべき社会の姿として「地球と人にやさしい〝エコとちぎ〞」を掲げています。その実現のため、栃木県の特性である県民、自然、産業の三つの力を最大限に生かした八つのテーマのリーディングプロジェクトを戦略に位置付け、太陽光発電や次世代自動車の普及などに重点的に取り組むとともに、プラスワンとして「200万県民1人1本木を植えて育てよう運動」を展開することとしています。
 また、地球温暖化対策に県民が力を合わせて取り組むことを決意するフレーズを、広く県民の皆さんから提案いただき、「地球と人にやさしい〝エコとちぎ〞づくり県民宣言」を制定しました。
 そして12月には、環境啓発イベント「ECOテック&ライフ2009」に併せ、「とちぎ環境県民大会」を開催しました。大会当日は、〝エコとちぎ〞づくり県民宣言を小学生が発表したほか、環境保全に関し優れた取組みを行っている「マロニエECO事業所」表彰式、「栃木県におけるレジ袋削減に関する協定」締結式などが行われました。
 県では、これらの取組みにより、栃木県民が一丸となって、知恵を出し合い、力を合わせて「地球と人にやさしい〝エコとちぎ〞づくり」に努めるとともに、環境をキーワードとした「元気なとちぎ」を県内外にアピールしていきたいと考えています。

お問い合わせ
栃木県環境森林部環境森林政策課
電話番号 028-623-3185

tochigi201001.JPG