「第19回全国産業教育フェア神奈川大会」が開催されました

 去る11月14日(土曜日)、15日(日曜日)、パシフィコ横浜を中心に、「第19回全国産業教育フェア神奈川大会」が開催され、「かなえよう 仲間とともに 輝く 私たちの夢」というキャッチコピーの下、全国の専門高校で学ぶ高校生等による日ごろの学習成果の発表・展示や各種競技会等が行われました。
 大会はまず、「オープニングアトラクション」として、生徒実行委員会の寸劇や、県立厚木商業高校音楽部によるイメージソング「Minato Mirai」の披露など、生徒の生き生きとした発表で幕を開け、続く総合開会式の後、各会場で生徒たちによる発表や各種イベントが繰り広げられました。メインホールでは、本県出身の海洋冒険家、白石康次郎氏の記念講演やファッションショーなど、展示ホールでは、全国から集まった作品(波力発電機、和風ミニ庭園等)の展示やものづくり体験などが行われ、会場は終日、熱気に包まれました。さらに全国産業教育フェアでは初めての試みとして、商業高校の生徒が小学生を指導し、「テレビ局」や「信用金庫」などの仕事を模擬体験させる「小学生職場体験企画」(キッズビジネスタウンかながわ)を実施したほか、「お弁当レシピコンクール」で上位入賞した作品が企業により商品化され、2日間にわたって大会会場内で販売されたことも、大きな話題となりました。
 各会場では競技会も行われ、「フラワーアレンジメントコンテスト」では、農業高校生が花を美しく配置する技術を競い合ったほか、「全国高等学校ロボット競技大会」や「ものづくりコンテスト全国大会」では、工業高校生が創造力を発揮して技術・技能を競い合い、高校生たちの熱戦に多くの来場者が足を止めて見学していました。2日間にわたり、全会場でのべ約十万人の入場者を迎え、魅力ある産業教育を神奈川の地から発信することができました。なお大会の様子は、本大会ホームページでもご覧いただけます。

お問い合わせ
神奈川県教育委員会教育局高校教育課
電話番号 045-210-8276
第19回全国産業教育フェア神奈川大会HP
http://sanfair.jp/index.htm

kanagawa201001.jpg