「全国丼どんぶりサミットいしかわ2010」を開催します!

 食材から食器、箸に至るまでとことん能登産にこだわった「能登丼(のとどん)」を始め、地域おこしのため考案された全国各地の丼が一同に集結する「全国丼サミットいしかわ2010」が、平成22年1月23日と24日、金沢市の石川県産業展示館で開催されます。2市2町(輪島市、珠洲市、穴水町、能登町)、民間事業者、地域づくり団体等で構成する「奥能登ウェルカムプロジェクト推進協議会」が各地域に呼び掛けて実現したもので、「能登丼」を始め、「おらが丼」(千葉県鴨川市)、「小田原どん」(神奈川県小田原市)、「日豊海岸ぶんご丼街道」(大分県臼杵市・津久見市・佐伯市)の四つのご当地丼が参加し、友好協定を結ぶ予定です。なお、参加のご当地丼は更に増える可能性もあります。
 「能登丼」は、平成19年12月に誕生しました。21年12月現在、奥能登2市2町の63店舗が参加し、奥能登産のコシヒカリの上に、カキ、カニ、アワビ、エビ、能登牛など、こだわりの地元食材をのせたそれぞれの店オリジナルの丼を提供しています。「奥能登ウェルカムプロジェクト推進協議会」では、「能登丼」のさらなる魅力アップのため、新たな取組みに挑戦し続けており、平成21年7月からは、全店制覇を目指したスタンプラリーを実施したほか、量や価格を抑えた「コンパク丼」を取り入れました。また、スタンプラリーやホームページを活用し、丼を食べたお客様からの声を集め、それを直接参加店舗にフィードバックすることで、おもてなしの向上にも取り組んでいます。その結果、誕生からおよそ2年間で、約10万3,000食、約1億8,600万円を売り上げるヒット商品に成長しました。
 24日のメインイベントでは、各ご当地丼の販売コーナーのほか、能登丼アドバイザー・道場六三郎さんの創作丼の披露や、梅佳代さんら能登ゆかりの芸術家によるトークショー、能登の伝統芸能披露、キリコ担ぎ体験などが予定されています。
 各地域の食文化が集結するこのイベントに足を運んで、ご当地丼の魅力を味わってみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ
奥能登ウェルカムプロジェクト推進協議会事務局
電話番号 076-225-1312

                能登丼(幸寿し)                         猿鬼丼

  

                     香箱ガニ丼                           やまいも丼                    
              オリジナリティーあふれる各店の能登丼