ニューヨークで「食のみやこ鳥取県」をPR!

 鳥取県では、平成21年10月28日から11月1日まで、世界経済の中心、情報の発信拠点ニューヨークにおいて「食のみやこ鳥取県」をPRするイベントを開催しました。
 10月28日には、在ニューヨーク日本国総領事公邸で現地レストラン関係者やマスコミ、貿易会社など約120名の方を招待し、鳥取県調理師会連合会知久馬会長と秦副会長による匠の技の披露や県産魚を使用した日米料理人の料理競演を行いました。また、県内企業17社が農水産加工品や和菓子、地酒、寿司等の試食・PRを行い、三ツ星レストランの著名シェフなどから「大変おいしい」との感想をいただきました。
 翌29日から11月1日まで開催された日系スーパーでのフェアに県内企業9社が出展し、二十世紀梨の試食販売や鳥取県産のアジを使ったライスバーガーの実演販売などを実施。鳥取県産のアジとカニを使った弁当や豆腐ドーナツ、生クリーム大福といった商品が、昼過ぎには1日の予定販売数量が売り切れるなど好評を博しました。
 これらのイベントを通じて、鳥取県の産品がニューヨークの方に評価され、高い関心を示されたことにより、参加企業からもアメリカでの販路開拓に積極的に取り組みたいとの意見が多く寄せられ、今後の販路開拓に向けての貴重な足がかりとなりました。
 鳥取県では、今後も「打って出る鳥取県」として、「食のみやこ鳥取県」を国内外に発信していきたいと考えています。

お問い合わせ
鳥取県市場開拓局市場開拓室
電話番号 0857-26-7767

tottori201001.JPG
       県調理師によるパフォーマンス               日系スーパーでのフェア(二十世紀梨の試食販売)