「エコプロダクツ2009」に自治体最大規模の「徳島ブース」を出展

 徳島県では、21世紀の光源「LED(発光ダイオード)」や「リチウムイオン電池」を始めとする環境先端技術などによる「徳島ならでは」の「低炭素循環型社会」構築につながる新産業の創出に取り組んでいます。 
 平成21年12月に「東京ビッグサイト」で開催された「環境」をテーマとした国内最大規模の総合展示会「エコプロダクツ2009」では、県内中小企業の販路拡大への支援のため、地方自治体としては最大規模の「徳島ブース」を設置し、LEDを始め本県企業が有する優れた環境技術や製品の紹介を通じ、徳島の環境配慮型産業の強みや魅力を力強くPRしました。
 また、会場では、環境負荷の低減に配慮した製品・サービス(エコプロダクツ)を表彰するエコプロダクツ大賞表彰式が行われ、三洋電機株式会社の「電動ハイブリッド自転車とソーラー駐輪場の開発」が、エコプロダクツ大賞(経済産業大臣賞)を受賞しました。
 これは、三洋電機株式会社と徳島県が県庁舎を利用して共同で実証実験を行っている「電動ハイブリッド自転車とソーラー駐輪場」の取組みにおける環境負荷の低減への配慮や、三洋電機株式会社の高度な技術力とその創意工夫が評価されたものです。
 徳島県では、持続可能な未来の創造に向け、「環境の世紀」をリードする世界に誇れる「環境首都とくしま」の実現に向けて更に積極的に取組みを進めていきます。

tokushima201001.JPG