かごしま一直線

県民悲願の九州新幹線鹿児島ルートの全線開業まで、いよいよ1年余りとなりました。2011年春の全線開業に伴い、日本列島(鹿児島~青森)が一気に結ばれ、また、鹿児島中央~新大阪間が、新幹線「さくら」により、約4時間で直接結ばれます。
 全線開業は、関西圏まで含めた商圏の拡大や、関西・中国方面を中心に県外からの観光客の増加が見込まれるなど、本県が魅力ある地域として発展していく絶好の機会であると考えています。
 そこで、県では、交流人口を「増やす」、「広げる」、「活かす」という三つの視点で昨年3月に策定した「新幹線効果活用プラン」に基づき、関係機関・団体と連携しながら、体験型観光メニューの造成や新幹線停車駅等から観光地への二次交通アクセスの向上、地域の特産品づくり、さらに、全線開業に合わせて開催する「全国都市緑化かごしまフェア」の準備など、県外からのお客様を迎える取組みを進めています。
 また、全線開業の機運醸成や情報発信、本県のイメージアップ等を図ることを目的に、昨年11月、全線開業ロゴマークとPRポスターを制作しました。
 ロゴマークは、「九州新幹線全線開業」、「新幹線『さくら』」、「大阪~鹿児島直通」等をイメージしやすく、新幹線が鹿児島まで一直線でつながり、県外の方々に新幹線で鹿児島に行ってみたいと思っていただけるようなコンセプトで制作しました。
 九州新幹線全線開業で、鹿児島のあふれる魅力がぐっと近くなります。一直線で行ける鹿児島へ、是非おこしください。

kagoshima201001.JPG