水害に対する新しいソフト対策「みずから守るプログラム~大雨が降ったら~」

 都市化に伴い地域のつながりが弱くなったことなどから、地域や家族で共有されてきた水害の知識が継承されなくなり、水害に対する住民の関心が低くなってきています。そこで、愛知県では、住民が普段から水害に対する心構えを育むことが大切だと考え、「みずから守るプログラム~大雨が降ったら~」を提供することとしました。
 このプログラムでは、水害を他人事であると思い、日ごろから危機意識を持たない無関心層へ〝気づき〞を与え、〝気づき〞を得た住民が、水害の怖さや仕組みを〝理解〞し、水害が発生したときに的確な〝判断〞と正しい〝行動〞ができるよう、段階ごとの取組みをパッケージにまとめています。
 具体的な内容の一つとして、住民による「手づくりハザードマップ」の作成があります。地域住民が集まり、過去の水害などからどんな危険が潜んでいるのかを勉強会によって学んだり、まち歩きをしながら確認・発見したことや、普段から気になっていること、昔からの言い伝えなどを白地図に書き込んでいくことによって、「手づくりハザードマップ」を作成します。このマップの作成は、住民が水害について考えるきっかけとなり、自ら身近な危険個所などを把握することができるだけでなく、水害に強い地域づくりを促すことにもつながります。
 さらに、プログラムの〝行動〞の段階で、作成したマップを活用した「大雨時行動訓練」を実施することで、いざというときに個々が正しい行動を選択できるようになると考えています。
 このプログラムを通じて、地域住民の皆さんのスパイラルアップを図り、行政と住民が一体となって、水害に打ち勝つ地域づくりを進めていきます。

aichi201002.JPG
まち歩きで避難時に危険なところを確認