みんなで公共交通を元気に!~いばらき公共交通利用促進キャンペーン~

 茨城県では、県、県内全市町村、交通事業者、県民団体など89団体で構成する「茨城県公共交通活性化会議」において、鉄道やバスなど公共交通の利用促進事業を展開しており、本年度は新たに「いばらき公共交通利用促進キャンペーン」を実施しています。
 このキャンペーンは、通勤・通学手段の切り替え時期となる新年度前の2~3月を実施期間とし、全県を対象とする「ノーマイカーデーいばらき」の実施に加え、「公共交通シンポジウム」の開催や、県内高校の新入生に対する「通学お試し乗車券付き啓発リーフレット」の配布などにより、幅広い県民層に公共交通の利用をPRするものです。このほか、地方鉄道各社との協力によるウオーキング大会や、記念イベントなども実施し、地域ごとの機運醸成も図っています。さらに、県においても、ノーマイカーデーに知事もバスを利用して登庁するなど全庁挙げての率先行動に取り組んでおり、昨年末には県内初の「エコ通勤優良事業所」の認証も受けました。
 公共交通の利用を促進するためには、県民一人ひとりが生活行動スタイルを見直し、「みんなで取り組む」という意識を持つことが大切です。今後とも、さまざまな機会をとらえて取組みの趣旨をアピールすることで、県民の皆様に理解を深めていただき、県内の公共交通をより元気にしていきたいと考えています。

お問い合わせ
茨城県企画課交通対策室
電話番号 029-301-2536


ノーマイカーデーにバスを利用して登庁する橋本知事