神奈川で競え この技 この技術

 平成22年10月に、神奈川県で開催される「技能ルネッサンス!かながわ2010」(第48回技能五輪全国大会・第32回全国障害者技能競技大会の愛称)まで、あと約8ヵ月となりました。
 県では、平成20年5月に関係団体・機関等とともに推進協議会を立ち上げ、準備を進めています。
 全国から公募した大会スローガンは「神奈川で競え この技 この技術」に、大会イメージキャラクターは、神奈川県の鳥カモメをモチーフにした「カモメン」に決定しました。「カモメン」は、各種イベントに登場し、多くの皆さんに愛されるキャラクターとして人気急上昇中です。

kanagawa201003-1.jpg
大会イメージキャラクター「カモメン」のPRの様子

 推進協議会では、技能五輪全国大会(約40職種)と全国障害者技能競技大会(約20種目)のすべてに選手を参加させることを目標にしており、企業・団体等の選手育成・強化を支援するため、大会参加費や練習会開催経費の助成を行うとともに、選手が本番で実力を発揮できるよう、技能五輪全国大会の参加選手による公開練習会を開催しています。
 また、大会のPRだけでなく、児童・生徒が、ものづくり技能に興味を持ち、将来の職業を決める選択肢の一つにものづくりを加えてもらうことを目的に、技能五輪全国大会メダリストなどによる「小中学校等への出張キャリア講座」を開催しています。「自動車工」職種の技能五輪全国大会金メダリストによる実演では、講師のすばやいボルトの開け閉めに参加した児童・生徒から「すごい」との歓声が上がり、「大会を見学したい。」との感想が寄せられています。
 さらに、推進協議会の公式ホームページには、昨年開催されたいばらき大会のメダリストや、かながわ大会に向けて練習に励んでいる選手の紹介やインタビューなども掲載されています。ホームページは、「かながわ2010」で検索して是非ご覧ください。10月15日から17日まで、「障害者スポーツ文化センター横浜ラポール」で開閉会式が行われ、「横浜アリーナ」で全競技が開催される予定です。

kanagawa2 01003-2.jpg
第31回全国障害者競技大会の様子

 一方、技能五輪全国大会は10月22日から25日まで、「パシフィコ横浜」で開閉会式が行われ、競技は「パシフィコ横浜」、「県立産業技術短期大学校」、「県立東部総合職業技術校」、「川崎市とどろきアリーナ」などで開催される予定です。

kanagawa201003-3.jpg
第47回技能五輪全国大会の様子

 各会場では、競技のほかにも、技能・技術に関連するイベント等が企画されています。
 皆様も是非会場に足を運んでいただき、技能・技術の素晴らしさを実感してください。神奈川でお待ちしています。

お問い合わせ
神奈川県商工労働部産業人材課技能振興・全国技能大会推進室
電話番号 045-210-5718
HP http://ginou-kanagawa.com/