第40回信玄公祭り~1,500の鎧武者が大集結!

 山梨県では、4月9日(金曜日)から11日(日曜日)までの3日間、甲府駅前をメイン会場として、戦国の名将、武田信玄公の遺徳を偲ぶ信玄公祭りを開催します。
 4月10日(土曜日)に行うこの祭り最大の見どころ「甲州軍団出陣」は、今から400余年前、川中島の合戦へ出陣していった甲州軍団の勇姿を再現するものです。風林火山の旗の下、信玄公と武田24将からなる甲州軍団1,500の鎧武者が一大戦国絵巻を繰り広げます。
 40回という大きな節目を迎える今年は、信玄公役に沢村一樹さん、山本勘助役に伊吹吾郎さんをお迎えします。甲府駅前に全軍団を集結させて行う出陣式典では、実力派俳優として名高い2人の迫真の演技に大きな期待が寄せられています。
 また、新たな試みとして、出陣の際に行う武田家伝統の「兜着装の儀」「三献の儀」に先立ち、軍団の結束を固めるため、心を一つにして戦うことを誓う「一味同心の儀」を取り入れ、祭りを盛り上げます。
 一方、甲府駅近くの舞鶴城公園や甲府市中心街では、戦国の世から続く茶の湯の文化に触れる「信玄公を想う茶会」や、県内外のB級グルメなどを味わう「信玄グルメ横丁」、鎧武者とふれあう「陣屋」など、子供から大人まで楽しめるさまざまな催しを開催します。
 さらに、関連文化イベントとして、笛吹市にある山梨県立博物館では、山本勘助ゆかりの古文書「市河家文書」や、武田家の家宝として伝来した楯無鎧の復元品、武田の陣立図など、貴重な資料を特別公開します。
 毎年、信玄公祭りが行われる時期には、モモの花が甲府盆地をピンク色に染め上げます。今年は、是非春真っ盛りの山梨で、日本最大規模の武者祭りをお楽しみください。

お問い合わせ
信玄公祭り実行委員会
電話番号 055-231-2722

yamanashi201003.JPG