瀬戸内国際芸術祭鑑賞パスポート前売り券発売開始!

香川県では、瀬戸内海の島々を舞台に繰り広げられる現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2010」(瀬戸内国際芸術祭実行委員会主催)が7月19日から開幕します。会期は10月31日までの約100日間。美しい自然と人間が交錯し交響してきた瀬戸内海の島々に活力を取り戻し、瀬戸内海が地球上のすべての地域の「希望の海」となることを目指しています。
 同実行委員会では、芸術祭の全作品と関連施設(地中美術館・家プロジェクト・犬島アートプロジェクト)を開催期間中に1回ずつ鑑賞できる「作品鑑賞パスポート前売り券」の販売を始めました。
 一般前売4,000円(当日5,000円)、高校生前売2,500円(当日3,000円)で、中学生以下は無料です。個別に入場料を支払うよりも大変お得なチケットになっています。主要プレイガイド、コンビニエンスストアにおいて、7月18日まで全国発売中です。是非お早めにご購入ください。
 現代アートの祭典が、複数の島を舞台に、そこに暮らす人々や自然を巻き込みながら、これほど大規模に開催されるのは世界初の試みです。現在、島ごとにテーマを設け、開催に向けた準備が着々と進んでいます。今年の夏は、香川でアートの世界を満喫してみてはいかがでしょうか。皆様のお越しをお待ちしています。

お問い合わせ
瀬戸内国際芸術祭HP
http://setouchi-artfest.jp/

kagawa201003.JPG

瀬戸内国際芸術祭ポスター