「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。スタジオジブリ・レイアウト展」開催中!

 「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。スタジオジブリ・レイアウト展」が平成22年2月20日(土曜日)から4月18日(日曜日)までの約2ヵ月間、徳島県文化の森総合公園の近代美術館・博物館・二十一世紀館で開催されています。
 「スタジオジブリ」は、世界を代表するアニメーション映画監督である高畑勲さんや宮崎駿さんが所属しており、「崖の上のポニョ」を始め、「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」などで国民的人気を博しています。「レイアウト」とは、1枚の紙に、背景とキャラクターの位置関係、動きの指示など、そのカットで表現されるすべてが描かれた「アニメの設計図」とも言うべきものです。
 中・四国さらに九州を含めて初の開催となるこの展覧会は、徳島県と四国放送株式会社の共同開催で、スタジオジブリ、三鷹の森ジブリ美術館の全面協力の下、宮崎監督直筆のレイアウトを中心に、両監督のレイアウト約1,300点が一挙に公開されています。
 徳島県文化の森総合公園に集結するジブリ作品の設計図の数々...。高畑・宮崎監督作品の魅力を明かす重要な秘密に触れるまたとない機会です。娯楽性と芸術性を兼ね備えたアニメーション文化を是非徳島で体感してください。

お問い合わせ
徳島県文化の森振興総局
電話番号 088-621-3196

tokushima201003-1.JPG
「崖の上のポニョ」 (c) 2008 二馬力・GNDHDDT

tokushima201003-2.JPG
「もののけ姫」(c) 1997 二馬力・GND