「新潟県子どもの本のリスト」が完成

 4月23日から5月12日は「子どもの読書週間」です。また、2010年は「国民読書年」であり、政官民が連携して学校における読書運動の浸透や、読書活動の活性化等を推進しています。読書は私たちの人生を豊かな、彩りに満ちたものにしてくれる素晴らしいものです。ところが近年はインターネットやテレビゲームの普及に伴い、子供たちの読書離れが指摘されています。残念ながら本県も例外ではなく、学齢段階が進むにつれて読書離れが進む傾向にあります。
 そこで本県では、子供たちの豊かな心の育成と健やかな成長を願い、意欲的に読書に親しみ、読書習慣を身に付けることができる環境づくりを目指し、平成21年3月には「新潟県子ども読書活動推進計画(第2次計画)」を策定し、さまざまな取組みを進めてきました。
 その一環として、このたび作成したのが「新潟県子どもの本のリスト・本と学校ホント楽しく!」です。このリストは、小学校生活のさまざまな場面に応じて活用できる500冊の本を一覧にまとめ、授業などの際に効果的に本を活用できるように工夫されています。また、その中から35冊を掲載した児童用リーフレットも作成し、県内の低学年全児童に配布しました。
 リストに掲載する本の選定に当たっては、本県独自の基準を二つ設定しています。
 一つ目の基準は「小学校1、2年生の時期に子供たちに与えたい本」です。ここには自分で読むことの楽しさや新しい体験を味わってほしい、本を通じて優しい人の心に触れたり、知識や好奇心、想像力を育んでほしいというメッセージが込められています。
 そして二つめの基準は「学校での行事や学習に合わせて楽しめる本、役立つ本」です。学校行事の意味やねらいを理解し一所懸命取り組む、また、学習に興味を持ち授業を楽しいと感じてくれる、そんな子供になってほしいと願い、本を選定しました。
 子供たちを始め、先生や保護者の皆さんにこのリストを活用していただくことを通して、子供たちが本に触れる機会が増え、読書に親しみを感じ、そして読書を通じて学校生活が楽しさと喜びにあふれたものになることを願っています。

お問い合わせ
新潟県生涯学習推進課
電話番号 025-280-5617

niigata201004.JPG
図書館にはリストのコーナーが登場