カーナビ走行データを活用し急ブレーキ多発箇所で安全対策

埼玉県では、カーナビで収集した走行データから急ブレーキ多発地点を特定し、安全対策を行っています。

ホンダのカーナビから情報収集

 平成19年12月、埼玉県と本田技研工業株式会社は、道路交通データを相互に有効活用するための協定を締結。県は、平成20年度、県内四市を対象に同社カーナビで収集した走行データを分析して得られた、急ブレーキ多発箇所の原因調査を行いました。

調査で分かった危険地点の傾向

 スピードの出やすい四車線道路や交差点の渋滞最後尾、見通しの悪い脇道の交差箇所などで事故につながりかねない急ブレーキが多発しています。そこで「追突注意」、「スピード落とせ」などの路面標示や視界を遮る街路樹の剪定を行うなど、16ヵ所で安全対策を行い効果を検証しました。その結果、1ヵ月に105回あった急ブレーキ回数が29回に激減したことが分かりました。

交通事故が起きる前に対策を

 平成21年4月から対象を全県に拡げ、135ヵ所の急ブレーキ多発箇所を特定し、原因調査の上、対策を検討しました。事故が起きる前に、比較的簡単かつ低いコストで対策を講じるこの新方式。平成22年度は、これらの箇所で、安全対策を実施し、引き続き効果を検証します。

お問い合わせ
埼玉県県土整備部道路政策課
電話番号 048-830-5020

saitamarogo201004.JPG

  対策前(左)と対策後(右)の国道254号(新座市)。急ブレーキ多発個所に「追突注意」と路面標示して注意喚起。