2010上海万博に大阪が出展します!

 今年5月、中国・上海で「Better City, Better Life」( より良い都市、より良い生活)をテーマに、上海万博が開催されます。上海万博は、史上最高の7,000万人の来場が見込まれ、世界的にも大変注目されており、日本館を始め、242の国と国際機関が出展する予定です。
 これまでの国際博覧会は、国・国際機関・企業の出展が基本でしたが、今回の上海万博では、万博史上初めて、世界を代表する都市が万博に参加してその都市の先進的な取組み事例を展示する「ベストシティ実践区」というエリアが設けられます。
 大阪は日本の都市として唯一、この「ベストシティ実践区」に、大阪府・大阪市で、共同で出展します。
 大阪のテーマは「環境先進都市・水都大阪の挑戦」。大阪には、古くから水運を発展させ、日本最大の交易・商業都市として栄えてきた歴史があります。水害や、高度経済成長期における大気汚染を始めとするさまざまな公害問題にいち早く取り組み、安全で快適なくらしを提供するため、環境技術の開発、環境共生型のまちづくりを進めてきました。
 大阪館では、その経験と環境先進技術や取組みを、中国を始め世界の人々に伝え、世界の都市環境改善に貢献するとともに、大阪・関西の都市魅力をアピールしていきます。
 また、万博開催中の1日について、それぞれの都市の文化や伝統芸能を紹介できることから、7月28日(水曜日)を大阪のスペシャルデーに指定し、前日の27日を含めた2日間にわたって「大阪―上海友好盆踊り大会」などのイベントを開催します。
 このイベントには、大阪から500名の友好府民団・市民団も参加していただき、世界の人々が共に盆踊りの和に加わることによって、友好の輪を更に大きく広げます。
 大阪は上海万博への出展で、上海・中国との友好関係を一層強化し、中国・世界からの集客促進、ビジネス交流促進による大阪・関西経済の活性化を目指します。

お問い合わせ
大阪府国際交流課
電話番号 06-6944-6625