ひょうご災害緊急支援隊を創設

 兵庫県では、阪神・淡路大震災や近年の大きな風水害の経験から、被災地の迅速な復旧を進めるためには、県や周辺市町等が、被災市町の初動・応急対策を支援する必要があるとし、被災市町を継続してサポートする「ひょうご災害緊急支援隊」を今年度出水期までに創設することとしました。
 地震や風水害などの大規模な災害が発生した場合、災害対応のノウハウや専門職員の不足、庁舎の被災などから、被災市町のみでの対応には限界があります。
 そこで、まず、支援隊の活動としては、発災後直ちに3、4名程度の県職員からなる先遣隊を派遣し、被災市町における被害情報等の収集や市町災害対策本部に対するアドバイス等を行うこととします。先遣隊の調査に基づき、避難者対策や廃棄物の処理、心のケアなど応急対策の分野ごとに専門家を順次派遣し、被災地のニーズに応じ、県・市町、民間団体等による支援活動が、素早く、的確に行われるようコーディネートを行います。
 このような支援隊を組織するために、災害対応の経験・知識を持ち、コーディネート能力のある人材を事前に登録することとしています。登録する人材としては、県職員のほか、ゴミ処理やボランティア調整、家屋被害調査等の分野の専門家として、市、町、さらには業界団体・NPO等の職員にも協力を求めます。また、登録された支援隊メンバーには日ごろから研修・訓練を行うなどスキルアップにも努め、支援隊の仕組みが被災地で有効に機能するよう整備を図っていくことにしています。
 自然災害がなくなることはなく、完全に防ぐこともできません。事前に備え、被害をできるだけ軽減し、被災してもすみやかに復旧復興できるようにするため、こうした取組みを通じて、兵庫から減災・防災対策を発信していきます。

お問い合わせ
兵庫県災害対策課
電話番号 078-362-9988
ファックス番号 078-362-9911