「山陰海岸学習館」5月1日リニューアルオープン

鳥取県立博物館の附属施設「山陰海岸学習館」は、山陰海岸の美しい景観や動植物など、山陰海岸の魅力を広く紹介し、自然の中で楽しく学びながら、自然を大切にする心を育むための拠点として活動しています。
 5月1日には、山陰海岸ジオパークの拠点施設として展示を一新しリニューアルオープン。皆様のご来館をお待ちしています。

山陰海岸ジオパークの拠点として

 山陰海岸国立公園を含む山陰海岸一帯の豊かな自然やすばらしさを国内外に発信するため、鳥取、兵庫、京都の3府県の地域住民や民間企業、行政などが一体となり、白兎海岸(鳥取市)から経ヶ岬(京都府京丹後市)までのエリアを『山陰海岸ジオパーク』として保全・活用する取組みを進めています。
 山陰海岸ジオパークは、平成20年12月に日本ジオパークに認定され、平成21年10月には世界ジオパーク加盟へ向けた国内候補地に選定されました。
 山陰海岸学習館も、拠点施設の一つとして山陰海岸の地形や地質、そこにくらす多様な生きものを分かりやすく紹介し、『山陰海岸ジオパーク』の魅力と価値を多くの方に伝えていきます。

展示や事業を一新

 新しい展示室は、どなたでも楽しみながら学べる、六つのコーナーで構成します。

1.山陰海岸ジオパーク
2.山陰海岸誕生の物語
3.日本海の成り立ちと生きもの
4.山陰海岸の生きもの
5.調べてみよう & 6.トピックス

 また、「ジオスポット・ツアー」などの新しい事業も充実させ、山陰海岸の新たな魅力をお伝えしていくこととしています。

お問い合わせ
鳥取県立博物館
電話番号 0857-26-8044

tottori201004.JPG