アニメの祭典「とくしま冬の『マチ☆アソビ』」

 1月16日から31日までの約2週間、徳島市内で開催された「とくしま冬の『マチ☆アソビ』」では、アニメ関連の多彩なイベントが繰り広げられました。
 これは、昨年10月の「眉山山頂秋フェスタ×マチ☆アソビ」に続く徳島のアニメスタジオ「ユーフォーテーブル」と連携した第2弾となるアニメイベントで、「マチ」を楽しめる盛りだくさんの催しに、県内外から多くのアニメファンが詰めかけ大いに盛り上がりました。
 特に、「トリコ」、「家庭教師ヒットマンREBORN!」などで有名な声優の「近藤隆」さん、声優ユニット「つきねこ」さんによるトークショー、お気に入りのアニメキャラクターになりきったコスプレ大会などのメインイベントが開催された23、24日の両日は、街が熱気で包まれ、海外でも「クール・ジャパン」と評されているアニメの大いなる可能性を垣間見ることができました。
 また、期間中、アニメ「テニスの王子様」原画展や、アニメの上映会などが開催されるとともに、期間限定ショップ「JUMP SHOP徳島店」では「週刊少年ジャンプ」のオリジナルグッズが販売され人気を集めました。
 アニメで徳島の冬を彩った「マチ☆アソビ」を締めくくるイベントでは、飯泉知事がコーディネーター役となる「とくしま円卓会議」が開催され、アニメの第一線で活躍するパネリストが「マチ☆アソビでとくしまを元気に」をテーマに熱心に意見を交換しました。
 冬の徳島をホットにするアニメイベントを、今後も更に盛り上げていきます。

tokushima201004.JPG
声優ユニット「つきねこ」によるライブ