長崎県美術館 開館五周年記念 プラド美術館所蔵エル・グレコ《聖母戴冠》特別展示

長崎県美術館は、2010年4月23日に開館5周年を迎えます。これを記念して、スペイン国立プラド美術館が所蔵する、エル・グレコ作《聖母戴冠》を特別展示します。
 エル・グレコ(本名:ドメニコス・テオトコプーロス、1541年~1614年)は、ギリシア人でありながら、どのスペイン人画家よりもスペイン的な精神と、カトリック的な熱情に満ちた作品を描いたことで高く評価される芸術家です。
 今回、特別展示される《聖母戴冠》は彼が50歳のころの作品で、独特の揺らめく炎のような人体や、まばゆい超現実的な光彩の表現を堪能することができる名品です。エル・グレコは日本でも高い人気を誇りますが、現在国内で所蔵されている作品は2点のみであり、この《聖母戴冠》は日本初公開となります。
 長崎県美術館は、須磨彌吉郎(やきちろう)氏旧蔵作品を核とした、東洋有数のスペイン美術コレクションを有しています。そうした経緯から、開館前の2004年11月にスペインを代表するプラド美術館と交流に関する覚書を交わしており、今回ついに作品借用が実現しました。
 マニエリスム最後にして最大の画家エル・グレコが描いた天の光彩を、是非ご堪能ください。

  • 会期=2010年4月23日(金曜日)~10月24日(日曜日)
  • 休館日=第2・4月曜(祝日の場合は翌日)
  • 会場=長崎県美術館 常設展示室

お問い合わせ
長崎県美術館
電話番号 095-833-2110

nagasaki201004.JPG

エル・グレコ《聖母戴冠》プラド美術館蔵
 Photographic Archive. Museo Nacional del Prado. Madrid