「油で揚げないポテトチップス~九州経済産業局長賞受賞」

 大分県国東市の「ユニバースフーズ株式会社」が、油で揚げずにポテトチップスを作る独自の製法で、九州地方発明表彰の九州経済産業局長賞を受賞しました。
 油で揚げないポテトチップスの商品名は「焼きじゃが」。原料のジャガイモをサイコロ状に加工し、高温・高圧を加えることで瞬時に膨化、成形させ、その生地を遠赤外線の電磁波でじっくり焼き上げます。
 通常のポテトチップスは油で揚げるため、油脂分やカロリーが高く、トランス脂肪酸やアクリルアミドが発生する点が懸念されていました。「焼きじゃが」は、ノンオイル・ノンフライという独自の製法により、油脂分やカロリーが低く、トランス脂肪酸が発生しません。素材の風味を残したサクサクの食感で、ヘルシーなポテトチップスを実現しました。
 この製法技術が高く評価され、大手企業とのライセンス契約などにより国内シェアが拡大を続け、食品の安全面や実施効果が顕著で科学技術の向上と地域産業の発展に寄与している点や、国内での権利化だけでなく、外国特許を多数取得し、輸出先においても知的財産権を有効に活用している点が評価され、今回の受賞となりました。
 油で揚げないポテトチップス「焼きじゃが」は、しょうゆ味やゆずこしょう味など風味の違う商品がシリーズで発売されています。是非ご賞味ください。


          知事に受賞を報告               油で揚げない「焼きじゃが」。5種類の味
                                              が楽しめる