見トク・知ットク・使ットク 県産スギでエコトク! ~あおもり型県産材エコポイントがスタートしました~

 青森県産材の製品を暮らしに取り入れることで、青森の森林が元気になり、その森林がCO2をたっぷり吸収し、地球温暖化を防止することができます。
 そのためにも、「植える」→「育てる」→「収穫する」→「上手に使う」という、「森林の循環」をつくることが必要です。
 今回スタートした「あおもり型県産材エコポイント」は、いのちの源となるきれいな水を育む森づくりを基本として、県産材の販売を強化し、県内の木材関連産業の活性化を図るというものです。
 具体的には、 
 1. 県内でスギなどの県産材を使って、住宅の新築やリフォームを行う 
 2. 使用した県産材の量に応じて、県産材エコポイントを発行する
 3. そのポイントをテーブルや照明器具などの県産の木工品と交換できる
という全国でも初めての取組みです。
 県が昨年行った県産材についてのアンケートによると「積極的に使用したい」に加え、「他産地産の価格と同等であれば」「助成制度などの優遇措置があれば」などの条件付も含めると、建築主となる消費者の約九割が、県産材の「地産地消」を支持しています。
 そんな声に応えるこの制度は、単純に県産材を使うことで木材産業の所得向上が図られるということだけでなく、輸送距離が県内に限られることから、環境にも優しい取組みであり、さらには、県内の木工産業の振興にもつながっていくものです。
 県産材エコポイント導入による経済効果は、5億円と試算されており、本県産業の振興はもとより、ふるさとの森林をより豊かなものとしてくれるものと期待されています。

お問い合わせ
青森県農林水産部林政課
電話番号 017-734-9517
HP http://www.pref.aomori.lg.jp/sangyo/agri/kensanzai_ecopoint.html

aomori201005.JPG
県産材を利用した住宅