あの映画の名場面!撮影地はここです~庄内ロケ地データベース~

 山形県の庄内地域では「たそがれ清兵衛」を始めとする藤沢周平作品や、米国アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」など多くの映画が撮影され、全国的に脚光を浴びています。今年も「花のあと」に続いて、「座頭市 THELAST」や「必死剣鳥刺し」、「十三人の刺客」など庄内で撮影された作品が公開される予定になっています。
 こうした映画撮影地などの資源を活用し、ロケの誘致や観光誘客を促進するため、山形県は庄内映画村株式会社に委託してデータベースを作成しました。主な映画16作品の撮影地や今後のロケのお勧めポイント、合わせて300件の写真、概要、所在地、地図等の情報を4月12日からホームページで公開しています。映画撮影の誘致を促進するほか、庄内への旅行企画の開発推進、ロケ地めぐりなど県内外からの来訪者拡大を図り、地域活性化に結び付けることとしています。
 今回のデータベース化事業を受託した庄内映画村株式会社では、月山山麓の88ha(東京ドーム20個分)の壮大な敷地に漁村・農村、宿場町、山間集落の撮影セットを備え、数々の映画の撮影を行っているほか、映画の舞台をよりたくさんの人から楽しんでもらえるよう庄内映画村オープンセットとして一般公開しています。
 鶴岡市内では4月29日に、映画「花のあと」で美しい桜並木が撮影された鶴岡公園内に「藤沢周平記念館」がオープンしました。
 全国の皆さん、庄内の映画ロケ地や、美しい景色に囲まれた景観をホームページでご覧いただき、是非、心の原風景が残る山形県庄内地方をご来訪ください。

お問い合わせ
山形県庄内総合支庁地域振興課
電話番号 0235-66-5439
HP http://location-shonai.com/

yamagata201005.JPG
映画「花のあと」が撮影された鶴岡公園(山形県鶴岡市)