「陸上王国福島」へ向け、発進!

 昨年と今年、お正月のお茶の間を沸かせたのが、箱根駅伝における柏原竜二選手(東洋大)の活躍でした。
 柏原選手は福島県いわき市出身。5区で圧倒的な強さを見せつけ、東洋大を2年連続優勝に導きました。
 また、陸上競技の世界で福島大学の名を一躍有名にしたのが、同大陸上競技部の川本和久監督です。
 千葉(旧姓・丹野)麻美選手(400m 日本記録保持者)や吉田真希子選手(400m ハードル日本歴代2位)らが、川本監督の指導の下、日本陸上界を代表する選手となりました。
 福島県では、陸上競技でのこうした選手やコーチの活躍を県づくりに生かしたいと考え、今年度から、「陸上王国福島」を目指した取組みを開始しました。
 早速、4月には、川本監督の愛弟子で女子100m 前日本記録保持者の二瓶(旧姓・雉子波)秀子さん(県体育協会)を福島大学駐在としました。二瓶さんには、川本監督の指導ノウハウの継承と県内普及に取り組んでいただくこととしています。
 また、今後は、川本監督を講師に迎えて講習会を開催し、優れた指導者を育成するとともに、指導者が子供たちに、通年で指導に当たれる環境を整えてまいります。
 駅伝については、多くの市町村が出場する「ふくしま駅伝」の練習会に本県出身のトップ選手を派遣したり、都道府県対抗の大会に向け、指定選手の強化練習会を開催する予定です。
 これらの取組みにより、国際大会や全国大会において上位入賞する選手の増加と、選手の裾野の拡大を図り、本県陸上競技のさらなるレベルアップを目指します。
 県外からも多くの選手が集うとともに、選手の活躍が子供たちに夢と希望を与え、県民の励みとなる。そうした将来像を描きながら、「陸上王国福島」づくりを進めてまいります。

お問い合わせ
福島県文化スポーツ局スポーツ課
電話番号 024-521-7795

fukushima201005.JPG
今年、準優勝を飾った都道府県対抗男子駅伝チームと佐藤知事。
前列左から2人目が柏原選手