平成22年度中に「赤ちゃんの駅」を県内3,000ヵ所に設置!

埼玉県は、おむつ替えや授乳のできるスペース「赤ちゃんの駅」を、平成22年度中に、県内全市町村・3,000ヵ所に設置します。

子育て世帯の不安を解消

 身近におむつ替えや授乳のスペースがあれば、乳幼児と一緒でも、気軽に外出できます。また、「地域が子育てを応援している」という心強さから、乳幼児を抱える保護者の心の負担も軽くなります。
 「赤ちゃんの駅」は、子育て家庭がよく利用する公共施設やスーパーなどの商業施設に設置。県は、設置費用を補助するとともに、目印となる「赤ちゃんの駅」のシンボルマークをステッカーにして周知を図ります。

目に見える形で子育て支援を展開

 埼玉県は、「赤ちゃんの駅」を1年間で3,000ヵ所に設置し、一気に浸透を図ります。県内全域で目にすることで、多くの方々が「子育て家庭を社会全体で応援するムーブメント」を感じることになります。
 埼玉県は、このほかにも、全国最大・約11,000店からなる「パパ・ママ応援ショップ」(子育て家庭優待制度)のさらなる充実や、保育サービス利用児童数の年間受入枠の大幅拡大(当初計画の1.5倍)など、子育て支援を目に見える形で展開しています。

お問い合わせ
埼玉県福祉部少子政策課
電話番号 048-830-3320

saitamarogo201005.JPG