『県民球団 紀州レンジャーズ』~応援しています!~

 和歌山県では、関西地域を活動地域とするプロ野球の関西独立リーグに所属し、今春で3シーズン目を迎える『紀州レンジャーズ』を、仁坂知事を先頭に県庁を挙げて応援しています。
 『紀州レンジャーズ』は、完全地域密着型の県民球団としてスポーツを始めさまざまな催しを通じて、県民に夢と感動を与え、「和歌山を元気にする」ことを目標に掲げた「和歌山初のプロ野球チーム」です。
 知事は昨年、同球団の特別顧問に就任するとともに、公務の合間をぬって何度も球場へ応援に駆けつけ、スタンドから試合終了まで選手を激励しました。
 また、昨年末には県庁と地方機関である振興局の職員の有志が、「県庁紀州レンジャーズ応援団」を結成し、各球場における応援活動やより多くの観戦客を球場に呼び込む方法の検討を始め、紀州レンジャーズの活動を通した地域活性化方策などを話し合っています。
 こうした動きが地域にも広がり、今年の3月13日(土曜日)には和歌山市内のホテルで、県内の産・学・官の代表者らが発起人となり、「紀州レンジャーズファンクラブ発足式」が盛大に開かれました。
 「ファンクラブ発足式」では、発起人代表の仁坂知事のあいさつに続き、大橋和歌山市長や地元選出の国会議員も壇上から熱いエールを送りました。多くの「県庁紀州レンジャーズ応援団」もこのイベントに参加し、選手や監督との交流を通して、今年の活躍に期待を寄せていました。 
 4月4日(日曜日)に行われた今季本拠地開幕戦では、仁坂知事が紀州レンジャーズのユニフォームを身にまとい、昨年に引き続き、始球式を行いました。
 今季開幕2連勝と波に乗るレンジャーズは、明石レッドソルジャーズと対戦し、9回裏の反撃及ばず3対1で惜敗しましたが、スタンドでは大勢のファンとともに、「県庁紀州レンジャーズ応援団」も声援を送りました。
 今後も、和歌山初のプロ野球球団「紀州レンジャーズ」が県民に愛される県民球団となれるよう、「県庁紀州レンジャーズ応援団」は、知事とともに県民と球団の橋渡し役として応援を続けていきたいと思います。

お問い合わせ
和歌山県教育委員会生涯学習局スポーツ課
電話番号 073-441-3690
ファックス番号 073-433-4408

wakayama2010005.JPG
今季本拠地開幕戦で始球式を行う仁坂知事