日本一の海苔産地、佐賀の挑戦!

 佐賀県では、販売量と販売金額で6年連続日本一の「佐賀のり(R)」を発展著しい中国へ売り込もうと平成19年度から現地でのマーケティング活動を進めています。
 平成19年度には北京と上海で一般消費者等を対象に市場調査を実施。海苔が「おやつ」として食べられていることに着目し、平成20年度には佐賀県産海苔にゴマをトッピングし、ワサビの風味を効かせたスナック海苔を大手海苔商社の協力を得て新たに開発し、中国で販売しました。
 さらに、平成21年度には、「日本産海苔フェア」を上海市内の高級百貨店で開催。中国向けの新商品のテストマーケティングを行うとともに、スナック海苔や高級海苔「佐賀海苔R有明海一番」の販売も行いました。
 急激な経済発展と、その圧倒的な人口の多さで、世界中が注目する中国市場。その市場で、「日本産海苔=『佐賀のり(R)』」をいかに浸透させ、支持してもらうか。日本一の海苔産地、佐賀の挑戦が続きます。

saga201005.JPG
上海久光百貨店で行われた日本産海苔フェアの様子