「とちぎ元気フォーラム」in 自治医科大学を開催

 栃木県では、知事の集会広聴事業として、「とちぎ元気フォーラム」を毎年県内各地で開催しています。
 このフォーラムは、福田知事と県民が県政の課題や県民生活などについて直接語り合うことにより、県民の声を県政に反映させるとともに、県政への参加を推進することを目的としています。
 今年度の大学生を対象とした大学版は、6月11日(金曜日)に下野市の自治医科大学で開催しました。当日は、将来の日本の地域医療を担うべく全国各地から集まった医師や看護師の卵、約200人が参加し、医療・福祉、少子化・子育て、地球環境・エコ対策などさまざまな課題について知事と意見交換を行いました。
 学生からは、自分の出身地と比較し、特に栃木県の医療制度に関する質問や意見などが数多くありました。これに対し、知事からは、医師確保対策や救急医療体制など本県のさまざまな取組みについて説明があり、あわせて、行政に対して常に関心を持ち続け、日本の地域医療発展のため努力してほしいとの言葉がありました。
 今年度の元気フォーラムは、この「大学版」のほか、7市2町において開催する「地域版」、高校生対象の「高校生版」に加えて、20代から30代の若者を対象とする「青年版」を新たに開催する予定です。
 県では、この元気フォーラムを始めとする広聴活動において県民の皆さんから貴重な意見をいただき、これらを県政に反映させるとともに、県政広報紙やテレビ・ラジオ番組、HP、メールマガジンなどの媒体を活用した広報活動も積極的に行うことにより、元気なとちぎづくりを更に進めていきたいと考えています。

お問い合わせ
栃木県県民生活部広報課
電話番号 028-623-2158

tochigi201007.JPG