個性豊かな伝統野菜を召し上がれ!

 山形県には地域の生活や歴史、風土とのかかわりの強い伝統野菜が数多くあり、山形大学を始めとする地元の研究者で組織する「山形在来作物研究会」では150を超える種を確認しています。これらの野菜は、限られた地域の中で長年にわたり受け継がれて栽培され、大切に食されてきたものであり、地域の食文化と密接につながる山形の貴重な地域資源であることから、県内各地で伝統野菜の種子保存、生産振興、知名度の向上に取り組んでいるところです。
 県南部に位置する置賜地域には、直江兼続公が礎を築いた上杉家米沢藩時代に由来する魅力的な伝統野菜が数多く残っています。上杉鷹山公が栽培を奨励したと言われる「うこぎ」や「雪菜」など11品目が「山形おきたま伝統野菜」として認定されています。
 中央に位置する村山地域には、食用ぎくの「もってのほか」や独特の甘さや味の濃さのある「山形赤根ほうれんそう」などの伝統野菜や特産野菜が存在しています。
 北に位置する最上地域では、さやのまま干し、さやのまま食べることができるという「漆野いんげん」など、昔から伝わる野菜・作物の発掘を行い、29品目を「最上伝承野菜」として決定しています。
 日本海に面する庄内地域では、「だだちゃ豆」を始め、江戸時代に上方商人から種をもらったのが栽培の始まりとされる「平田赤ねぎ」などの伝統野菜があり、庄内浜で水揚げされた魚介類などのこだわり食材と一緒に「食の都庄内」としてのブランドづくりを進めています。
 このように、県内各地に、見た目も味わいも個性豊かな伝統野菜が存在しており、料理講習会や料理コンテストを開催してきましたが、より多くの方にその存在を知ってもらい、味わってもらうために、郷土料理や創作料理のレシピを作成し紹介しています。
 皆さんも山形にお越しいただき、個性豊かな伝統野菜と多彩な郷土料理を是非一度ご賞味してはいかがでしょうか。

HP
・ 山形おきたま伝統野菜「創作なおえ料理レシピ」
http://www.pref.yamagata.jp/ou/sogoshicho/okitama/325043/okitama_dentouyasai_top.html
・「やまがた野菜レシピ集」
http://www.pref.yamagata.jp/regional/murayama_bo/bussiness/farm/7301041murayamatokusanyasai.html
・最上伝承野菜「レシピカード」
http://www.pref.yamagata.jp/ou/sogoshicho/mogami/314044/denshoulink/reshipi.html
・食の都庄内
http://www.mokkedano.net/miyako/

yamagata201007.JPG
レシピ集の表紙