第9回日本環境経営大賞募集!~持続可能な社会の実現に向けて~

 三重県では、「環境経営の発展」と「環境文化の創造」により持続可能な社会の構築に貢献することを目指して、優れた環境経営の取組みを表彰する「日本環境経営大賞」を実施しています。
 総合的な環境経営の取組みを評価する「環境経営部門」、新たな環境価値創造への貢献を評価する「環境価値創造部門」、CO2を始めとする温室効果ガスの排出量削減について評価する「CO2削減部門」の3部門があり、全国の企業・団体等を対象に募集し、外部委員からなる表彰委員会の審査により受賞者を選定しています。
 第8回となる昨年度は、全国から72件の応募があり、審査の結果、15の企業・団体の受賞が決定し、去る6月1日(火曜日)、津市において表彰式を開催しました。
 各部門の最優秀賞である「パール大賞」には、株式会社滋賀銀行本店、国立大学法人三重大学(以上、環境経営部門)、積水ハウス株式会社(環境価値創造部門)、株式会社山武(CO2削減部門)が選ばれ、各部門の優秀賞受賞者とともに表彰委員会委員から表彰状等が手渡されました。
 また、表彰式の後には、受賞者の取組み事例を知っていただくため、パール大賞受賞者によるパネルディスカッションも開催しました。
 今年度の募集は7月15日(木曜日)から始まります。皆様からの積極的なご応募をお待ちしています。

第9回日本環境経営大賞募集
7月15日(木曜日)~10月15日(金曜日)

お問い合わせ
三重県環境森林部 地球温暖化対策室内「日本環境経営大賞表彰委員会」事務局
電話番号 059-224-2368
HP http://www.eco.pref.mie.jp/taisho/

mie201007.jpg
環境経営パール大賞を受賞した三重大学の内田学長(右)と
表彰委員会の山本委員長