「大阪のまちをカンヴァスに!」おおさかカンヴァス推進事業

 大阪府では、「おおさかのまちをカンヴァスに!」というメッセージの下6月7日におおさかカンヴァス推進事業のテイクオフイベントが行われました。イベントでは、アーティストのヤノベケンジ氏の作品である「ラッキードラゴン」と「ジャイアント・トらやん」の炎によるパフォーマンスで大いに盛り上がりました。
 この事業は、大阪のまち全体をアーティストの発表の場として、大阪全体を大きな「カンヴァス」に見立て、アーティストから制作したい作品と場所についてアイデアを募集し、集まったアイデアの中から十作品程度を選考の上、作品を制作・発表していただくものです。制作していただく作品は、絵画(ペインティング)だけでなく、彫刻やオブジェ、パフォーマンス、イベント、プロジェクト、ワークショップなど、あらゆるジャンルのアート作品を対象とします。
 この事業は、「大阪文化振興新戦略」に基づき、『大阪の街を使いこなす ~都市全体を発表の場に!』と『府民の思いを都市づくりに活かす~官民協働のプラットフォーム』の二つの戦略の下、大阪のまち全体を若手アーティスト等の発表の場として活用し、大阪の新たな都市魅力を創造・発信しようとするものです。公共空間とアートのコラボレーションによって、都市や地域の新たな魅力を発見・発信することと、アーティストが、アイデアと想いを実現できる機会を得ることを目的とし、アーティストの自由な発想の下、発表したい「場所」と「作品」の両方を提案していただく「フリーカンヴァス部門」と、主催者や市町村・企業が提案する候補地や事業に対して「作品やデザイン」を提案いただく「コラボカンヴァス部門」があります。
 コラボカンヴァス部門では、大阪府庁舎を始め、大阪府内の施設や市町村からもさまざまな場所の提案をいただいており、また企業からも、通天閣や関西空港などからも提案をいただいています。
 大阪の新たな都市魅力を創造・発信するため、アーティストやクリエーターの皆さんに大阪のまちを彩っていただきます。
 作品募集は7月12日まで、作品の制作発表は平成22年11月ごろから平成23年3月となっています。

お問い合わせ
大阪府府民文化部文化課
電話番号 06-6944-6020