「やまぐちの棚田20選」を選定!

 山口県には約9,000haに及ぶ棚田があり、水田面積の約20%を占めています。棚田は、農業生産の場であるとともに、洪水の防止や多様な動植物の保護など、さまざまな役割を果たしてきました。しかし、近年の過疎化・高齢化の進行で荒廃が進み、その喪失が懸念されています。そうした中、山口県内においては、棚田オーナーの募集など、地域の皆さんによる棚田保全活動が行われています。
 こうした棚田の保全活動の推進と、棚田を守ることの必要性を広く県民に呼び掛けるため、山口県では「やまぐちの棚田20選」を選定しました。
 この「20選」は、まず1.棚田のある市町から64地区の推薦を受け、2.インターネットなどを通じて県民投票を行い、3.学識経験者や農業関係者などでつくる「やまぐち棚田保全協議会」における審議・現地調査を経て、最終的に21の地区を選定したものです。
 いずれも景観が美しいのはもちろん、しっかりとした活動組織によって棚田が適切に保全されており、他地区における保全活動の参考となる地区です。各選定地区の特長や保全活動の内容などは、インターネットで見ることができます。
 今後は、選定地区における保全活動の活性化に向け情報発信の支援を行うとともに、他地区においても地区紹介などの要望があれば、情報発信の面で支援し、活動の活性化につなげていきます。

お問い合わせ
山口県農村整備課
電話番号 083-933-3423
やまぐちの棚田20選HP
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/noson-s/tanada20/

yamaguchi201007.JPG
 農業と自然が調和した美しい景観が見られる        都市住民との交流活動も活発に行われている
                         周南市中須北地区の棚田