毎月第三水曜日は「水産」の日!

 愛媛県は、瀬戸内海と宇和海という二つの恵み豊かな海に面しており、瀬戸内海では、小型底びき網、機船船びき網、一本釣りなどの多種多様な漁船漁業が展開されています。
 また、宇和海では、沖合部で、まき網を中心とする漁船漁業が盛んに行われる一方、沿岸部ではリアス式海岸を利用した魚類養殖が盛んで、県の魚であるマダイは、全国第1位、ハマチとヒラメは全国第2位の生産量を誇るなど、全国屈指の水産県として発展をしてきました。
 平成20年度水産白書で指摘されているとおり、ライフスタイルの変化や食生活の多様化に伴い、若年層を中心とした「魚離れ」が深刻となる反面、ヘルシー食材である水産物の良さがクローズアップされていることから、時代にマッチした魚食の普及活動を、多方面において展開することが必要となっています。
 そこで、親しみやすく覚えやすい魚食普及活動の統一キャッチフレーズとして、ゴロあわせで『毎月第三水曜日は「水産」の日!』を設定し、魚食に取り組む動機付けとするとともに、これに合わせて水産物の消費拡大へ向けた戦略的なPR活動を展開することにより、積極的に魚食を普及し、県産水産物の学校給食への導入や量販店・飲食店等での販売促進活動につなげることとしたものです。
 今後、全国へ向けて『毎月第三水曜日は「水産」の日!』を発信していきますので、この取組みが愛媛から全国へと広がりますよう、皆様方の温かいご支援とご協力をお願いします。

お問い合わせ
愛媛県農林水産部水産局漁政課
電話番号 089-941-2605

ehime201007.jpg