SMILE(スマイル)プロジェクト 全庁展開へ

 佐賀県では、ムダな作業を省いて業務の効率化を図ることで、質の高い公共サービスの提供につなげようと、昨年4月から「SMILE(スマイル)プロジェクト」に取り組んでいます。「SMILE」とは、〝Saga Movement for Innovation LEgend〞の略で、業務の改革・改善により、県民の皆さんと職員が共に笑顔で暮らせるような県を目指していこうという思いを込めています。
 具体的には、まずは、職場環境を整備する「5S活動」(整理、整頓、清掃、清潔、習慣)で、職員が気持ち良く、効率的に仕事ができる環境を整えること。さらに、これまでの業務プロセスを見直し、〝やらなくて済むこと〞と〝やらないほうがいいこと〞を洗い出して業務時間を削減するなど、効率的な仕事の在り方を進めていくことです。
 昨年、園芸課と国際課で先行して取り組み始め、その後、消防防災課など5所属が、そしていよいよ今年四月からは全庁で展開しています。
 昨年度から実施している課では、目に見える成果も出てきました。国際課の旅券センターでは、これまでも日本最短だったパスポートの発給に要する日数を、6日間から1日短縮し、5日間にすることができました。今後は、さらに、4日間にできるように頑張っています。パスポートの発給がスムーズになれば、県民の皆さんへのサービス向上に直結します。
 プロジェクトに取り組んだ職員たちも「5S活動で書類が探しやすくなった」「自分の業務を洗い出して振り返ることで、より効率的な業務方法を見いだすことができた」など、その成果を実感しています。
 県民の皆さんにより良いサービスを提供し、職員がやりがいを感じながらイキイキと働ける県庁をつくっていきます。

saga201007.JPG
取組み前                              取組み後