口蹄疫被害へのご支援ありがとうございます。

 本県では、4月に家畜伝染病である口蹄疫の疑似患畜が確認されて以降、畜産農家の方々はもとより、国を始め、各都道府県、市町村、関係機関・団体、自衛隊、警察など、多くの皆様のご協力をいただきながら、口蹄疫のまん延防止に取り組んでまいりました。
 さらには、5月18日に「口蹄疫」非常事態宣言を発し、消毒の徹底や不要不急な外出の自粛、イベントや集会などの延期や中止等、口蹄疫のまん延防止に向け全県一体となって取り組んできたところです。
 このような中、全国のたくさんの方々よりさまざまなご支援やご協力、応援のメッセージなどをいただいており、深く感謝申し上げます。
 口蹄疫被害義援金については、全国の個人・企業・団体の皆様から多くのご支援をいただきました。これらについては、被害に遭われた畜産農家の方々へのお見舞金として配布させていただいております。
 また、多数の寄せ書きや応援メッセージをいただき、畜産農家の方々や防疫作業に従事する職員への励みになっています。
 一刻も早く、終息を迎え、被害に遭われた畜産農家の方々を始め地域再生に向けた第一歩が踏み出せるよう、県民総力戦で頑張ってまいります。
 なお口蹄疫は、牛、豚、水牛などの偶蹄類の動物の病気であり、人に感染することはありません。また、感染動物の肉や牛乳が市場に出回ることはありませんし、仮に感染した肉や牛乳を食べても人体に影響はないことをご理解の上、今後とも安全・安心な宮崎県産品をご愛用いただきますようお願い申し上げます。

miyazaki201007.JPG