電動アシスト付き自転車の共同利用「e-サイクルシェアリング埼玉」

平成22年6月、埼玉県職員と株式会社埼玉りそな銀行の社員が、事業活動に自転車を共同利用する取組み「e-サイクルシェアリング埼玉」がスタートしました。
 自動車から自転車の利用に転換を図り、CO2の削減を図ることが目的。さいたま市内11ヵ所の拠点間で、30台の電動アシスト付き自転車を、乗り捨て自由で使うことができます。

利用手続きがカンタン・便利!

 利用拠点は県の庁舎と銀行の本・支店。パソコンか携帯電話から、各拠点の空き状況をリアルタイムで確認でき、その場で利用手続きを行うことができます。片道だけの利用が可能なため、電車への乗り換えにも便利です。

一石何鳥にもなる取組み

 開始から約1ヵ月。利用登録者数は約300人、自転車の延べ走行距離は、約2,000キロメートルです。
 環境に優しく経済的、業務効率アップや職員の健康増進にもつながるこの試み。自転車保有率全国トップの本県にふさわしい、一石三鳥にも四鳥にもなる取組みです。

お問い合わせ
埼玉県環境部大気環境課
電話番号 048-830-3065

saitama201008.png
システム入口画面(PC用)                 駐輪場でも携帯電話から即、手続き可能