「ウォーキング立県とっとり」を目指して

 鳥取県では、県民の健康づくりを推進するため、1日の歩数の目標値を成人男性8,000歩、成人女性7,000歩と定めていますが、平成17年に行った調査では、成人男性が5,718歩、成人女性が4,985歩にとどまっています。
 そこで本県では、この目標の達成に向けて取り組んでいくため、「ウォーキング立県」を標榜しました。健康づくりの一手法としてのウォーキングを普及させ、県民の皆様に日常的にウォーキングに取り組んでいただけるよう、本年度から「ウォーキング立県19のまちを歩こう事業」を実施しています。
 この事業は、対象となる県内のウォーキング大会に参加された方にポイントシールを1枚配付し、5枚集めた方全員に「とっとり歩きニスト認定証」を、さらに抽選で80名の方に本県の特産品をプレゼントするものです。県民の皆様にウォーキングに取り組むきっかけを提供し、また、既に取り組んでいる方にもさらなる意欲を持って取り組んでいただくための促進策として実施しています。
 また、県内の全市町村でウォーキング大会が開催されることも目指しており、大会の開催実績がない市町村が新たに大会を開催する場合などに、その経費の一部を助成する制度も設けました。
 大会に参加された方には、ポイントシールを貼る「げんきウォーキングカード」と、「19のまちを歩こうパスポート」をセットで配布しており、このパスポートに開催市町村のスタンプを押し、県内の19市町村すべてを歩くことを目標とするスタンプラリーも併せて実施しています。
 「ウォーキング立県19のまちを歩こう事業」はまだ始まったばかりで、県民の皆様へ徐々に広めていく段階ですが、この事業をきっかけに、誰もが日常的にウォーキングに取り組むような「ウォーキング立県とっとり」を目指していきます。

お問い合わせ
鳥取県福祉保健部健康政策課
電話番号 0857-26-7202

tottori201008.JPG