アトピー原因物質(ダニアレルゲン)除去肌着を開発しました

 群馬県繊維工業試験場と株式会社アート(県の「1社1技術」選定企業)は、共同研究を行い、繊維の表面を特殊加工することで、アトピー性皮膚炎の原因物質の一つであるダニアレルゲンを衣類に吸着・除去することに成功。今年7月に特許出願をしました。
 この技術は、日常身に付ける衣料品を特殊加工することで、子供たちをアレルギー物質から守ろうとする新しい発想を実現したものです。
 共同研究では、ダニアレルゲンがマイナスに帯電していることを突き止め、繊維の表面をプラスの帯電状態に保ったままで繊維に吸着させる方法を開発しました。これにより、アレルゲンが直接肌に触れにくくなります。
 また吸着したアレルゲンは、家庭で洗濯するだけで簡単に洗い流され、同じ効果が繰り返し発揮されます。
 加工した繊維の除去効果を確認したところ、ダニアレルゲンの量は、1ml当たり、100ngから測定限界の0.78ng以下にまで下がりました。
 今後、株式会社アートでは、この技術を使った子供服や肌着の製品化を行い、10月に販売を開始する予定です。

お問い合わせ
群馬県繊維工業試験場
電話番号 0277-52-9950
ファックス番号 0277-52-3890

gunma201009.JPG
特殊加工をした繊維で製作した肌着                    アレルゲンの性質を調べる