夜の観光資源を誘客につなげます~いしかわナイトツアー実証実験開始~

 石川県では、平成26年度末の北陸新幹線金沢開業を見据え、石川県で宿泊しなければ体験できない旅行商品の造成を促進するため、「いしかわナイトツアー開催事業助成制度」を今年度、新たに創設しました。
 これは、石川県の夜の観光資源を組み込んだ旅行商品の造成や販売に意欲的な旅行会社等の取組みを支援するもので、6、7月に事業の公募をした結果、15件の応募があり、そのうち、金沢の夜の観光資源を組み込んだツアーで2件、加賀、能登の夜の観光資源を組み込んだツアーでそれぞれ1件ずつ、計4件を採択しました。
 採択された4件は、「夜の観光タクシーと金沢市内宿泊をセットにしたプラン」(金沢地区)、「老舗料亭のオリジナル特別会席料理と芸妓のお座敷芸」(金沢地区)、「一本杉町灯籠回廊と定置網漁見学ツアー」(能登地区)、「冬の風物詩『雪だるままつり』見学ツアー」(加賀地区)で、1件当たり50万円を上限に企画費や広告宣伝費、調査費などを助成します。
 採択を受けた事業者は、来年の3月末までにモニターツアーを実施し、参加者へのアンケート結果などを踏まえて次年度以降のツアーの内容改善に役立てることとしています。
 今後とも、あらゆる分野で新幹線の金沢開業効果を最大限に引き出し、加賀や能登など県内全域に波及させる取組みを加速させていきます。

お問い合わせ
石川県観光交流局交流政策課
電話番号 076-225-1127

ishikawa201009.JPG
兼六園ライトアップ