「第27回全国都市緑化ならフェア」の開催 やまと花ごよみ2010未来へつなぐ「花のもてなし」~やまと青垣からの贈りもの~

 「全国都市緑化フェア」は、緑豊かな潤いあふれるまちづくりを目的に、昭和58年から毎年全国で開催されている花と緑の祭典です。現在開催中の平城遷都1300年祭の一環として開催される「ならフェア」は、国内でも有数の古墳群を含み、歴史と自然の魅力がいっぱいの馬見丘陵公園をメイン会場に、平城宮跡・藤原宮跡・国営飛鳥歴史公園をテーマ会場、駅前や公園などをサテライト会場として、9月18日(土曜日)から11月14日(日曜日)までの58日間、開催されます。
 甲子園球場の約16個分もの広さをもつメイン会場は、約700品種・60万株の花や緑で彩られます。中でも奈良県が日本一の球根生産量を誇るダリア、約200品種・5,000株が咲き誇る「ダリア園」を開園します。ダリアの中でも、花の大きさが30から40㎝にもなる「エモリーポール」や、全長4から5mもある「皇帝ダリア」が10月14日から17日には4万輪のダリアの花を使った花じゅうたんを公開します。
 「花なら広場」では、假屋崎(かりやざき)省吾さんによるトーク&デモンストレーションや、せんとくんと県内の人気キャラクターによるイベント、花や緑、自然に親しみながら、子供から大人まで楽しめるポプリづくりや木工などの「花なら体験教室」を開催します。
 屋内出展「花人(はなびと)アートギャラリー」では、県内の団体が生け花や盆栽などで来場者をお迎えします。
 また、テーマ会場は、さまざまな工夫をこらした演出の花々で表現され、サテライト会場のいろいろなスポットが花や緑で彩られます。
 この機会に是非「花の都・奈良」へお越しください。

お問い合わせ
第27回全国都市緑化ならフェア実行委員会事務局
電話番号 0745-58-3987(さくはな)

nara201009.jpg