「ふるさと応援商品」の販売が始まりました

 「佐賀への想いをかたちにしてみませんか?」を合言葉に、ふるさと納税がスタートして2年が経過しました。これまで、佐賀県にゆかりや関心のある方々から寄付をいただき、さまざまな分野で活用させていただいています。
 今年は、新しい寄付のかたちとして「ふるさと応援商品」が誕生。これは、ご賛同いただいた事業者の方々に、商品の売上げの一部を佐賀県に寄付していただき、地域の公共サービスの充実に活用するもの。
 例えば、伊之助製麺株式会社(神埼市)では、佐賀県産食材を使った乾麺・生麺1個当たり1円を寄付します。さがレトロ館(佐賀市)では、黒米を使ったオリジナル商品〝米っ子ロール・くろ〞を応援商品として販売。商品1個当たり10円を寄付します。これらの商品は、地産地消の推進のために役立てます。寄付する金額や寄付金の使い道は、事業者の方々のお気持ち次第。
 商品がたくさん並ぶ店頭でも分かりやすいよう、ふるさと応援商品には目印となる「ふるさと応援マーク」が付いています。企業にとっては、地域貢献を通じたイメージアップと売上げ増が期待でき、消費者は対象商品を買うことで〝ちょっとした地域貢献〞ができます。
 佐賀県では、ふるさと応援商品を販売いただける企業などを随時募集しており、引き続き商品ラインアップの充実を図ります。さらに、事業所の名称や対象商品などは県のホームページに掲載するなどしてPRし、地場産品の振興にもつなげていきたいと考えているところです。

詳しくはホームページをご覧ください
saga 201009-1.JPG


目印は、この「ふるさと応援マーク」