「高校生の離島留学制度」~夢を抱いて可能性に挑戦~

 長崎県では、豊かな自然に恵まれた「しま」の環境の中で学ぶことができる「高校生の離島留学制度」を平成15年度から実施しています。
 高校3年間の長期留学制度は、全国的に例を見ない長崎県独自の制度であり、五島高校、壱岐高校、対馬高校の3校に特色あるコースを設けています。
 五島高校の「スポーツコース」では、柔道、剣道、陸上の3競技を対象として、国際レベルで活躍している講師を招いた実技講習や県立総合体育館と連携した体力強化などを実施しているほか、競技力向上のための遠征や招待試合などにより、これまでに優秀な成績を収めています。
 壱岐高校の「東アジア歴史・中国語コース」の歴史学専攻では、原(はる)の辻(つじ)遺跡での発掘実習、一支国(いきこく)博物館や埋蔵文化財センターでの考古学研修を実施、中国語専攻では、中国語の学習や上海での語学研修・大学訪問などを実施しています。
 対馬高校の「国際文化交流コース」では、韓国文化や韓国語の授業、韓国への語学研修などを実施しています。
 このほか、地域のイベントや中国語・韓国語のスピーチコンテストなどにも積極的に参加しており、上海や韓国の大学へ進学するなど、コースで学んだことを生かして活躍する卒業生もいます。
 これまで約400名がこの制度を活用し、充実した高校生活を送っています。
 積極的な目的意識や意欲を持った全国の中学生の皆さん、自分の夢を実現するために、この制度を大いに活用してください。

お問い合わせ
長崎県教育庁高校教育課
電話番号 095-894-3354
HP http://www.pref.nagasaki.jp/koukou/

nagasaki 201009.JPG
高校生の離島留学制度のリーフレット