家庭の太陽光発電で排出量取引!「おおいた太陽光倶楽部」

 大分県では、CO2排出量の削減に向けて、国内クレジット制度の活用促進に取り組んでいます。これまでの県内3件の申請は産業部門及び業務部門での事例でしたが、今回、自治体としては全国初の試みとして、家庭の太陽光発電導入に伴うCO2削減量に着目し、国内クレジット制度を活用する取組みを開始します。
 この取組みは、個々の家庭でのCO2削減量はわずかなため、各家庭単独でのクレジット化は困難ですが、「おおいた太陽光倶楽部」(事務局:大分県)を設立し、太陽光発電システムを設置している会員のCO2削減量を集約することで、大きな国内クレジットを生み出すことが可能となるものです。集約した国内クレジットの売却により得た収入は、県地域環境保全基金に寄付することにより、県内各地域の環境事業に活用します。
 現在「おおいた太陽光倶楽部」は会員を募集中です。平成20年4月以降に住宅用太陽光発電システムを導入した方が参加できます。会員数は、22年度末までに300件、24年度末までに2,500件を目標としています。個々の家庭でのCO2削減量を見える形にし、国内クレジット制度を活用することにより、環境貢献できる点をPRし、協力の輪を広げていきたいと考えています。

oita201009.JPG