日本初!新潟雪国型メガソーラー運営開始

 去る8月31日、新潟県と昭和シェル石油株式会社が共同で取組みを進めてきた「新潟雪国型メガソーラー発電所」が完成しました。発電規模は1MWで、年間発電量は一般家庭300世帯分の使用電力量に相当します。発電した電力は東北電力株式会社を通じて近隣地域へ供給されることになっており、太陽電池による商業発電施設が建設されたのは日本初です。この発電所建設の背景には、新潟県が進めている新エネルギー導入政策(「新潟版グリーンニューディール政策」)があり、次の取組みを進めています。

  1.   地球温暖化対策として再生可能エネルギーの普及・拡大や多様な新エネルギーの導入
  2.   新エネルギー関連分野へ県内企業参入の支援

 雪国型メガソーラー発電所は、この取組みの一環として、雪国においても大規模太陽光発電の事業化が可能であることを実証するためのものです。
 この発電所には雪国ならではの特徴があります。まず、太陽電池モジュール(太陽光パネル)は、低日照でも高い発電性能を発揮し、雪が滑り落ちやすいフレーム構造のCIS太陽電池が使用されており、その設置角度も、雪国での最適な設置方法を検証するために、30度と、20度の2種類を用意しました。さらに、滑り落ちた雪が地上で積み重なった場合でも発電に影響がないように、太陽電池モジュールを設置する高さを、通常は数10センチメートル のところを1m としました。これらの工夫により、雪国型メガソーラー発電所は、太平洋側のソーラー発電所と比べても遜色のない発電を行うことができるものと考えています。
 今回、雪国型メガソーラー発電所は日本初の商業発電施設となりましたが、新潟版グリーンニューディール政策の取組みはまだ始まったばかりです。平成23年度には、新潟県企業局の直営のメガソーラー発電所が新設される予定であり、地球環境への貢献と産業振興の取組みを今後も続けていきます。

お問い合わせ
新潟県産業労働観光部産業振興課
電話番号 025-280-5257

niigata201010.JPG
太陽光パネルの数は12,528枚、敷地面積3.5万平方メートル