LED電球を買って図書カード・お米券を当てよう!~福岡県LED電球買い替え促進キャンペーン・キックオフ!~

 福岡県内の二酸化炭素排出量は、1990年比で4%程度増加しており、中でも家庭からの排出量は29%も増加しています。家庭からの排出量を削減するためには、エアコンや冷蔵庫などを省エネタイプにするほか、家庭の電気使用量の16%を占める照明器具をLED照明に替えることが効果的です。
 LED電球は、白熱電球に比べ87%もの消費電力を節約できるなど、高い省エネ効果があります。県庁舎においても、1階ロビーをLED照明に切り替えており、今後も順次取組みを進めていく予定です。
 福岡県では、省エネ効果の高いLED電球への買い替えを促進し、これをきっかけにエコライフに取り組んでいただくことを目的として『LED電球買い替え促進キャンペーン』を実施しています。
 キャンペーン期間は8月21日から10月31日。1.対象となる販売店で、2.対象商品のLED電球を購入し、3.家庭における電気、ガス等の使用量の節減に努める「エコファミリー」へ参加された方に、抽選で1万個を対象に、図書カード又はお米券1,000円相当分を進呈します。
 キャンペーン初日の8月21日には、福岡市内で親子LED工作教室やパネルディスカッションなどのイベントを開催し、LED電球の省エネ効果についてPRしました。
 多くの県民の皆さんに、LED電球を知っていただき、買い替えを進め、これを契機として、家庭におけるエコライフの推進、地球温暖化防止に積極的に取り組んでいただくことを期待しています。

fukuoka 201010.JPG

キャンペーン開始!展示ブースのLED電球の点灯式
福岡県地球温暖化対策マスコットキャラクター「エコトン」もイベントに参加