山ぶどう生産量全国一の岩手県で「山ぶどうサミットin くずまき」が開催されました!

 岩手県は、山ぶどうの生産量が全国一を誇ります。山ぶどうは、ポリフェノールや鉄分、ビタミンCなど栄養成分の豊富さから、ワインやジュース、お菓子などのほか、機能性食品としての利用なども注目されています。この山ぶどうの魅力や可能性を広く発信し、一層の消費拡大や事業展開につなげるため、三つの広域振興局(盛岡・沿岸・県北)と葛巻町との共催により、山ぶどうサミットを初めて開催しました。
 シンポジウムでは、岩手大学の長澤孝志教授や東京農工大学野村孝志准教授から、山ぶどうの糖尿病予防効果やアンチエイジング・美容効果の可能性について講演をいただくとともに、パネラーの方々から、その魅力や可能性などについて討論いただきました。
 また、記念講演では、俳優の辰巳琢郎さんから、「地元の食材を大事にして誇りにするためにも、こうしたイベントが非常に大事だと思う」と地域資源を活用する重要性についてお話しいただきました。
 会場では、山ぶどう商品を始め、多くの物産品が出展・販売されたほか、開催地である葛巻町の町村合併55周年にちなんで行われた、「55mジャンボ山ぶどうロールケーキづくり」には、たくさんの親子が参加するなど、県内外からの多くの来場者でにぎわいをみせました。
 最後に、山ぶどう関連産業の飛躍的発展を目指したサミット宣言を採択し、盛会のうちにサミットを終了しました。
 今回のサミットを通じて山ぶどうの魅力を大いにPRできましたが、今後も、この成果を生かして、安定した生産、供給体制の確立や消費拡大、関連産業の振興に向けて、更に継続的な取組みを図っていくこととしています。
 皆さん、岩手の山ぶどう「おあげってくなんせ!」

お問い合わせ
岩手県盛岡広域振興局経営企画部産業振興課
電話番号 019-629-6514

iwate201011.JPG

みんなワクワク!
55mジャンボ山ぶどうロールケーキ作り