「あおもり映像素材ライブラリー」職員が撮影した青森県の映像を、自由に使える映像素材として公開!

青森県では、「あおもり映像素材ライブラリー」を開設し、誰でも自由に使える青森県の映像(動画)を公開しています。
 企業誘致や県事業の紹介などのPR・プレゼンテーションを行うためには、映像は必要不可欠なアイテムです。
 そのためには、自由に利用できる映像素材が必要ですが、これまでは、県が著作権を持ち自由に利活用できる映像はほとんどなく、自らの利用や外部団体等への映像提供ができないといった問題を抱えていました。
 この問題を解消すべく、職員自らが提案し事業を実施する庁内ベンチャー制度を活用し「あおもり映像コンテンツ・プロモーション事業」をたちあげました。
 職員が自ら撮影し、県が著作権を持つ映像素材を蓄積するとともに、広くその利活用を図ることで、県だけでなく、市町村や観光団体、企業など県民全体が、企業誘致・観光客誘致・商談等あらゆる場面において、安価で効果的なPRが可能になります。
 映像という現在最もニーズの高いPRツールによる「青森」の露出を増やし、「青森」全体の訴求効果を高め、新幹線全線開業効果を最大限に引き出し、県内の地域活性、各種産業の振興等を図ります。

職員が自ら撮影

  • 青森県の著作物として保存・管理するため「県内の美しい風景」「多くの人に訪れて欲しい観光地、祭り」「美味しい料理や食材」「後世に伝えたい文化」などを職員自ら撮影します。
  • プロの映像アドバイザーの協力を得ることにより、映像のクオリティも追求します。

映像の蓄積と利活用の推進

  • 撮影した映像は分類・整理するとともに、それらの管理体制を構築し、青森県の映像素材として蓄積します。
  • 映像素材をYouTube等のインターネットで公開、素材の周知を行うとともに、映像素材を活用したビデオコンテストを実施するなど、映像の利活用の促進を図ります。
  • 県が著作権を持つ映像素材は、その素材に関するさまざまな情報とあわせて整理・蓄積されることで、青森県の映像資産となります。

映像素材の活用例

  • 県庁で→県事業・施策の紹介に。県産品・観光PRに。
  • 市町村で→ホームページでの地元紹介に。PRビデオの映像素材に。
  • 企業などで→TV番組や商品CMの映像素材に。展示会のPRツールとして。
  • 個人で→ブログなどで青森の見どころを紹介。

お問い合わせ
広報広聴課あおもり映像コンテンツ・プロモーション事業担当
電話番号 017-734-9141
▽あおもり映像素材ライブラリー
http://www.youtube.com/AomoriPrefAMCP
▽事業概要
http://www.pref.aomori.lg.jp/amcp/
▽twitter
http://twitter.com/amcp_info

aomori201011.JPG
YouTubeのスクリーンショット